50歳・早期退職・のんびり楽しい暮らし

50歳で28年勤めた会社を辞めました。会社を辞めるまでのこと、辞めたあとの日々を語ります。

肌断食後の化粧はこの6点でOK

f:id:aoitori50:20180616185346j:plain

肌断食後の化粧品、いろいろ試した結果、今はこの6点に落ち着きました。

左から、

会社に行っている時の下地は24hコスメのミネラルUVベースでしたが、今使っているマジョリカの方が化粧している感が出るのでおすすめです。

この下地にパウダーとしてetovosのタイムレスミネラルファンデーション(03N)を使っていましたが、退社の2週間前くらいに使い切ってしまったので最後の2週間はパウダーなしでした。



会社を辞めた後もメイクはしています。

会社を辞めたあと家にいるときもある程度はきちんとしていたいと思って、今でも毎日メイクはします。

朝、顔はお湯で軽く洗うだけ、基礎化粧品はまったくなしで、いきなりマジョリカの下地を塗ります。
アイライナー、シャドウ、アイブロウ、マスカラを簡単に塗るだけなので、メイク時間は5分くらいですが、(私の基準では)十分、会社に行ける化粧顔になれます。

  • アイシャドウとリップは、私のパーソナルカラーがサマー(ブルーベース)ということから選んでいる色になります。イエローベースの方は違う色でないと合わないと思われます。

肌断食の効果だと思いますが、お昼休みのメイク直しは軽くあぶらとり紙で皮脂をオフして眉を書き足すくらいでした。
肌断食前は、皮脂をオフするのに2-3枚のあぶらとり紙でしっかり抑えないとダメでしたし、目元はどんなにウォータープルーフのマスカラを使ってもパンダ目になるので、ずっとまつエクをしていました。
まつエクは退社直前まで続けましたが、1月を最後にデジャブのマスカラに切り替えました。
やっぱりまつエクにはかないませんが、まつげがしっかり目立つようにはなりますし、パンダ目にもならないのでこのマスカラはオススメです。

リップは元の唇の色にもよると思いますが、私はこのリップで十分色が出ます。
取れやすいので手元に置いてこまめに塗っていましたが、口紅をがっつり塗って取れかかっているよりはお安いリップをきちんと塗っている方が綺麗に見える気がします。

そして、夜のメイク落としですが、特別なものは何も使わず、無添加せっけんをあわ立てて普通に洗顔するだけです。
少しアイライナーが残ることがあるので、その場合は綿棒にワセリンをつけて軽くこすって落とします。

  • 私はまったく問題ありませんが、せっけんのみでメイクを落とすことをメーカーは推奨していないと思いますので、もしお試しになる場合は自己責任の範囲でお願いいたします。

  • まつエクにはワセリンはよくないと思うので、できるだけまつエクにつかないようにした方が良いと思います。


 

こうやって並べてみると、百貨店ブランドの化粧品を使っていた時とは大違い、なんてお金がかからなくなったんでしょう。
自分でもびっくりです。

それでも、見た目としては変わらない、むしろ今の方が良いくらいだと思うので(あくまで自分比ですが)、やっぱり肌断食のパワーは恐るべしだと思います。
最初はかなりヘコむ症状が出ますし、人によっては肌断食の方が悪くなる場合もあると思うので、自分の状態をしっかり管理しながら慎重にやる必要がありますが、成功した私としてはチャレンジしてみる価値のあるオススメの美容法だと思います。