50歳・早期退職・のんびり楽しい暮らし

50歳で28年勤めた会社を辞めました。会社を辞めるまでのこと、辞めたあとの日々を語ります。

久しぶりの都内、自分でハードルを上げていたと気づいたこと

fukui.291ma.jp

義父が福井県出身なので、父の日に何か福井県のものを買いたくて久しぶりに都内に行ってきました。

銀座店「食の國 福井館」へ

アンテナショップに行くのは初めてですが、この辺は各県アンテナショップがたくさんある場所らしく、目に付いただけでも沖縄県茨城県高知県などを見かけました。
義両親の出身地ながら一度も行ったことがない福井県
どんなものが喜ばれるかもわからず、店員さんにお聞きした情報をもとにいくつか選びました。
福井県アンテナショップのオンラインショップで買った商品の掲載がなかったので楽天のショップからで失礼します。私が買ったものとは違うことはご了承くださいませ。)

↓ ↓ ↓

3つとも「懐かしい、久しぶりだ」ととても喜んでもらえました。
瓶詰めのわかめはまったく知らなかったので、店員さんに教えていただいて本当に良かったです。
ありがとうございました。

 

自分でハードルを上げていたことに気づく

自分一人でいろいろ考えていると、不安や心配事が勝手に大きくなりませんか?
一昨日、ダンナの実家を一人で訪ねることについて腰が引けている記事を掲載したのですが、他の方が聞いたら「そんな些細なことで何を悩んでいるのか」ということだったでしょう。
でも、初めてのことに挑戦する時、自信がないことに挑戦する時など、一人でいろいろ考えていると

「〇〇になったらどうしよう」

「〇〇と思われるんじゃないか」

「自分が想定していない何か恐ろしいことが起こるのでは?」

などといろいろなことが思い浮かんできますよね。

今日、福井県の品々を持ってダンナ実家を訪ねてみたら、心配事は何だったのかというくらい楽しい会話の時間を過ごしてきました。
心配し過ぎで自分でとてつもないハードルを想定してしまっていたことに気付きました。

何でもいろいろ事前に準備することは大事かもしれませんが、ある時点で決断して一歩前に進み出す、行動をしてみることを大事にしていきたいと思いました。
会社を辞めたあとやってみたいと考えていたあれこれ(このブログもそうです)でまだできていないことがたくさんあります。
一歩づつ焦らずのんびり楽しく進んで行きたいと思います。

 

★ブログを書いていらっしゃる方々は普通に写真を撮ってくるのだと思いますが、まだ慣れない私は今日完全に写真撮影のことが吹っ飛んでおりました、、、(気づいた時にはあとの祭り)
これからきちんと写真も残していきたいと思います(忘れなければ)